輪郭形成で過去のコンプレックスだった顔とは

輪郭形成の美容整形を受けたみた

生まれつきの顔がなくなったのかと実感

カウンセリングの時に魅せられたプロテーゼというものが結構大きなサイズだったので、あれが自分のあごに入っているのかと思うと不思議な感じでした。 手術のあとには患部を冷やしたほうが良いということで保冷剤のようなものを渡されて、自分でしばらくそれをあてがっていました。 冷やしているあいだは、とても不思議な気分でした。30分程度しか経ってないのに、自分の生まれつきの顔がなくなったのかと実感したからです。

「こんなに簡単に自分の容姿は変わるものなんだな」と、他人事みたいに考えていました。 麻酔が切れてくると痛みが出てきましたが、鎮痛剤も処方してもらいましたし、歩いて帰ってOKと言われたので渡されたマスクをつけて帰りました。 今のところトラブルなく生活できているので、満足です。